男性を攻略したリアル体験談

30代、女性。男性のタイプをきちんと見分けて接し方を変える

40代の専業主婦です。
只今、子育て中で毎日バタバタ過ごしています。

これは結婚する前の30代頃に感じたことです。
知り合いの紹介で知り合った男性とのことで感じました。
その人がたまたまだったのかも知れませんが、かなり頼られたいタイプの人でした。
ちょっとしたことですが、自分から進んで行きたいところや、食べたいお店などを言うよりは、何かいいところはないですか、みたいにいちいち聞いた方が自分でここに行きたいとリクエストするより態度が嬉しそうな雰囲気でした。
決定権がある方がいいのかなと思い、自分からはあまり言わないようにしていました。
その方が、機嫌がいいと言うかそんな感じに感じました。
他の人は結構優柔不断なところが多い人が周りにいたので、店でも出掛ける場所でも探していました。
しかし、始めそのようにしているとあまり嬉しそうな感じがしなかったので、頼るように変えてみるといい感じに会話できたり出来たので、頼られたいタイプだなと思いました。
なので、いちいち相談するようにしたり、頼ることを意識的にしていました。
あまり周りには、頼られたいタイプの人は居なかったのでどう接したらいいのかなと思っていましたが、何でも相談したり、頼ることを意識的にすることで機嫌よくしてくれていたので、自分的にも楽は楽だなと思っていました。
それにそういうタイプの人の方が自分には、あっているようにも感じました。
いろいろと決めてもらえる方が自分も楽だし、心地よかったです。
たぶんその人も自分で何でも決めたいタイプの人なので、仕切られるよりはしきる方が心地よかったのだろうと思います。
なので、攻略法と言うか、その男性のタイプによって合わせるようにすることが一番いいのかなと感じました。
実際そのタイプの人にはしゃしゃり出ることなく、付き合った方がうまくいきました。
話もなるべく聞くようにしてやはりこのタイプの人は、聞き上手と言うよりも話したいタイプでした。